Return to site

ミニマリスト旅行に持って行って役立ったもの10点

機内持ち込みバッグで10日間

海の日も終わり、夏本番!楽しい旅の予定がある方も多いのでは?

さて、皆さんは、海外旅行にどのくらいの荷物を持っていきますか?

昔の私は、ヘビーな大型スーツケースをゴロゴロ引いておりました〜^^

しかし!過去記事で書いたように、近年はどんどん身軽に。

今月カナダ・バンクーバーに10日間滞在した際は、思い切って荷物を超スリム化♪

「小型キャリーケース」と「小さめリュック」に全て詰めて出発しました〜!

年季入ってますね〜 笑 太平洋を何往復もした私の相棒♪ ↓

バッグが小さいので、バスを活用してタクシー代をセーブできたのは嬉しかった。

何より、持ち物にとらわれず、「滞在を楽しむこと」に集中できたのがメリットでした。ミニマリスト旅行ばんざい!

「私もやってみたいけど、何を持っていけばいいの〜?」という方のために、Miwaが試行錯誤の末に厳選して「持って行って良かったアイテム」をご紹介します!

こういうのはあまり書かないのでお恥ずかしいのですが^^ ちょっとでも参考になれば嬉しいです。

※滞在先のバンクーバーの夏は「カラッとした25度前後の気候、海と山に囲まれたナチュラル志向の都会」です。仕事も兼ねていました。行き先や季節、旅の目的に応じて、適宜アレンジしてみてくださいね♪

〜ミニマリスト旅行に持って行って良かったアイテム10点〜

1)iPad mini

実は、自分のiPad miniは持たず、MacBook Air(ノートパソコン)とスマホを持参したんです。でも、途中で同伴者(夫)のiPad miniを借りたら楽すぎて、ずっと使わせてもらってました^^

重宝するのは「ひとつで何役も担当する」アイテム。その点iPad miniは、「メール、ネット、地図、カメラ、Kindle(電子書籍リーダー)、メモ、音楽、映画、スカイプ、目覚まし時計、計算機、スケジュール管理、書類作成」などなどマルチにこなせる有能な秘書!サイズ的にもスマホとノートの間でちょうどいい。普段からお世話になっていますが、アクティブに動く旅先でこそ、その真価を発揮したのでした〜♪

2)3WAYバッグ

アマゾンのセールで手に入れた、デシグアルのバッグ♪そのまま持てばミニトート、折りたたんでクラッチ、付属の肩紐をつければショルダーバッグにも。

派手すぎるかな?と思いましたが、カラフルな分、たいていの服と同じ色が入っているので、意外と何にでも合わせられます^^

3)ヴィーガンレザーのフラットシューズ

ヴィーガンレザーとは、動物の皮を使わないレザーのこと。ベル&ソファ やさしい靴工房のバレエシューズは、とにかくソフトで疲れない!雨の中30分歩いても大丈夫でした。カジュアルはもちろん、ちょっとおしゃれなレストランにも履いていける優れもの。

滞在中は涼しかったのですが、もっと暑いときはビーチサンダルを足せばパーフェクト!

4)差し色のカーディガン

ミニマリスト旅行では、シンプルな服が多くなりがち。そんなとき、きれい色の薄手カーディガンが1〜2枚あると便利です!軽くて持ち歩きやすいし、暑くなったら肩にかけたり腰に巻いたりするとアクセントに♪

今回選んだのは、お店ごと買い占めたいほど好きな(笑)コントワー・デ・コトニエのカーディガン。シンプルながら、女性を美しく見せてくれるパリらしいデザイン。

5)主役級のアクセサリー

先ほどのバッグに続き、こちらもデシグアル。ベーシックな服にこのネックレスを足して、オシャレ上級者気分を味わっていました^^行く先々で「Wow!!かわいいネックレスね〜!」「どこのブランド?」と声をかけられ、会話の糸口にも♪

スペイン発のデシグアル、太陽や花をイメージさせるアイテムが揃います。普段はベーシック派の方も、旅先なら思い切ってトライしやすいですね!

6)無香料のマジックソープ(ミニサイズ)

女性は特に、スキンケアやヘアケア選びに迷いますね。悩み抜いてセレクトしたのが、マジックソープ ベビーマイルド。オーガニックの多用途リキッドソープです♪

10日間、「シャンプー、ボディーソープ、メイク落とし、洗顔、手洗い、食器洗い、洗濯...」と、フル稼働!59mlのミニボトルでしたが、基本、薄めて使うので、量的にも十分でした。キャンプのお供にもなりそう。肌にも環境にも優しく、オススメ!

7)ジョンマスターのデクタングラー(コンディショナー)

ジョンマスターオーガニック ローズマリー&ペパーミント デタングラーは、いわゆるコンディショナーですが、洗い流さないトリートメントとしても使えます。ドライヤーの前につければ、熱から髪を守ってくれますよ。

さらに旅行中は、ローション代わりに少量を手や体にも塗っていました。(オーガニックなのでどこにつけても安心♪)ジョンマスターは値段的に「高い」と思われがちですが、これを使えばほかのスタイリング剤がいらないのです。一度知ってしまうと手放せません^^473mlの「スリムビッグ」ならかなりお得!

8)癒し系オーガニックリップグロス

こちらもジョンマスターの、オーガニックリップグロス(コーラルオレンジ)。(ローズ色もあり。)お店で試して即買いしました。まず、ほのかに香るラベンダーに癒されます。用もないのに取り出して嗅いじゃう^^ 塗るだけで唇が潤うので、機内の乾燥も気にならず。

ミニマリスト旅行では、チークとしても応用^^唇に塗って、指先に残ったグロスを両頬にチョンと乗せて馴染ませます。顔色がパッと華やぎますよ〜!

9)無印良品のスキンケアたち

日本が誇る、世界のMUJI。滞在中のスキンケアは、前出のマジックソープと、敏感肌用オールインワン美容液ジェルだけです^^化粧水と乳液と美容液が一つになった、ありがたいアイテム。狭い機内のお手入れも楽々。

ほか、無印のBBクリーム(下地、ファンデ、日焼け止め、保湿)にも、毎朝助けられました♪ ずっと寝不足気味でしたが、お肌ピカピカでした。

10)美しく食べるための本

最後は渋めに(笑)。旅には必ず連れて行くのが、本。今回すごく役立ったのが、「世界一美しい食べ方のマナー」。「食べ物と、作った人と、周りへの敬意を込めた作法」を、イラスト入りで丁寧に解説してくれています。

フレンチや懐石の所作だけでなく、「石焼きビビンパ」「コーヒー・紅茶」「串焼き」「中国料理」など幅広くカバー。移民の街バンクーバーでは各国料理をいただくことが多いのです。毎日楽しく練習できました。おしゃべりに夢中になると忘れちゃうんですけどね!それもまあ良い^^

このブログ始まって以来の最長記事になりましたが(笑)いかがだったでしょうか?

昔どこかで聞いた「あっても便利はなくても平気」。この姿勢は日常生活にも当てはめられそうですね♪ 

ミニマリスト、と一口に言っても、ただ物を減らすのではなく、自分の心や体が喜ぶ物を、きちんと丁寧に見ていく作業に意味があるんですね。

最小の荷物で過ごした10日の間に、好きなもの、欲しいもの、必要なものの違いをうまく見分けられるようになった気がします。

これからの目標は、「旅するように暮らす」!スーツケース一個で生きられたら理想ですが、まずは気分が上がるものだけに囲まれたライフスタイルをつくっていきたいなあと思います。

ミニマリスト旅行のアイデアや感想もお待ちしてます!

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly