Return to site

なぜ、「幸せの先取り」があなたの願いを叶えるのか

カナダで会社員だった頃、プライベートでも仲良かったボスがトレッキングに誘ってくれました。ボスは体育会系の細マッチョ。山登りも速い速い!私は1時間も行かないうちにギブアップ。

やがて、私は1日置きのジム通いを始めました。辛かった筋トレも、やがては習慣に。

半年経って、ボスとともに同じ山を再訪。頂上までの2時間をスイスイ登り、下りはジョギング♪ 滅多に褒めないボスが言いました。「すごい!同じ人間とは思えん!」

コツコツ続けたジム通いは、着実に私の体を変え、嫌だったトレッキングを「楽しむ」ことを可能にしてくれました。

この筋トレが、「幸せになる秘訣」とそっくり。

私たちは誰もが幸せになりたいですよね。

じゃあ、どうやったら幸せになれるか?好きなことを仕事にできたら、広い家に引っ越したら、素敵な人と結婚できたら、子供が希望校に受かったら、夫のお給料が上がったら、あと3キロ痩せたら、◯◯さんの態度が変わったら。

何かが変わったら幸せになれる。しかし実際、その「何か」が叶っても、また次の課題が必ず出てくるんです。広い世界、外側の条件が全てパーフェクト!ということはありえないですよね。

だから「いつどんな時でも」幸せを見つける能力がとっても大切です。言い換えれば、「今」幸せを感じられない人は、せっかく願いが叶っても、「うまくいっていないこと」に目がいってしまいます。

今のうちから、「幸せにフォーカスする力」を鍛えていきましょう。筋トレと同じ。練習を積めば誰でもできるようになります。

例えばどうしても仕事が好きになれない場合。お金のために仕方なく働いている、という方もいるでしょう。私も、以前の職場で、全く興味の持てない仕事を任されたことがありました。苦情の電話を受けることもよくありました。

とても憂鬱でしたが「幸せ筋トレ、幸せ筋トレ」と呪文のように唱え(笑)、まずはパソコンの横に好きな植物やアロマオイルを飾ることから始めました。こうすると、席に着くのが嬉しくなります。

次に、与えられた業務の中で「いかに自分らしさを出すか」に集中しました。言葉遣いを工夫するのが好きなので、クレームの対応をよく考えて返し、電話の最後に必ず「ありがとうございます」と伝えるようにしました。

すると、なぜか私の取る電話は、優しくソフトな感じのお客様ばかりになったのです!上司や同僚が取る電話は、8割以上はクレームなのに、「幸せ筋トレ」をやってみただけで、仕事が楽々スムーズに進むようになったのです。

「幸せ筋トレ」は、「幸せを感じやすくする」という効果はもちろん、「さらに幸せな出来事を招く」というおまけも付いてきます。「自分の感情と同じ質のものを経験する」、これは宇宙の大原則ですね。

わずかな違いが、数ヶ月後、数年後、大きな差を生みます。「今、幸せを見つける」練習、ぜひ今日からスタートしてみてくださいね!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly