Return to site

「まず自分から与えよう」って本当にそうなの?

「成功するには(or 豊かになるには)まず自分から与えましょう」という言葉、聞いたことありませんか?どんな自己啓発本にも必ずと言っていいほど書いてある。

「お金がないときこそ、出しましょう」と言う教えもあります。確かにそうなんです。宇宙のルールは「入る前に、出す」(「出入り口」ですよね。「入り出口」ではありません^^)。これはまぎれもない真実。

が。

私は昔ここを勘違いしてました。「欠乏感を感じながら」出していたんです。

例えばこんな感じ。友人の誕生日にセンスのいいマグカップをプレゼント。本当は私が欲しかったのに。私は景品でもらったディスニーマグで我慢してるのに。友人宅でセンスのいいマグを見るたびざわっとして、景品マグを触るたびイラっとして、そんな毎日だからお金の巡りが良くなかったです。

だから何より先に自分を満たそうと決めました。お金が入ったら、予算内で「いかに自分を喜ばせるか」を考えて使います。そうすると、ふたつのことが起きるようになりました。

まず、自分を喜ばせていると、自然と寛大になります。この「自然と」がとっても大事。自分が「与えたいから」そうする、という状態なので、とにかく楽しいですし、受け取るほうも気持ちいいですよね。例えば私は料理が好きではないのですが、仕事帰りにカフェで一息ついて、お気に入りのハンドクリームでも買って帰った日は、「夫の好きなカレーでも作っちゃおっかな!ついでにデザートも♪」なんて気分になります。

そしてもうひとつ、本当に不思議なのですが、「まずは自分を満たす」ようにすると、予想外のところからさらに収入があったり、思いもよらない人から欲しいものをもらえたりします。例えば先日、いつもよりちょっと贅沢をして、私好みのパンを買って帰宅したら、なんと、夫が「明日の朝食べて」と、大好きなパンを買ってくれていたのです。ちなみに夫がパン屋に寄ることは年に1回あるかないか。おかげでパン食べ放題の幸せな朝食でした^^

こんなこともありました。以前から受けてみたいヒーリング(癒し)セッションがあったのですが、ちょっと手の届かないお値段でした。でも、やっぱりすごく惹かれるので、受ける!と決めた数時間後、臨時収入が。金額を見ると、セッション料金と全く同じだったのです(笑)。

事例は他にもありますが、こうして頻繁に経験すると、「本当に、まずは自分を満たしていいんだなあ」と実感できるようになり、いい循環が始まりますね!皆さんも毎日の中で実験してみてくださいね。

私たちの現実は、私たちの感情が作っています。「まず先に出す」法則は絶対ですが、「どんな気持ちで出すか」がめちゃくちゃ重要だと思っています。ウキウキしながら出せば、ウキウキした現実が、モヤモヤしながら出したら、モヤモヤした現実を経験するでしょう。

寄付もプレゼントもボランティアも、自分が心から喜びを感じるならどんどんやったらいいと思います。その喜びは必ず相手に伝わるし、何倍にもなって自分に返ってくる。

でも、自分が恐れや不満や不安を持っている状態で、いくら与えても、いい結果は生まないのです。それは、銀行残高の金額とは全く関係がありません。数十億持っていても、ハートが満たされていなければ、いくら与えても使っても、永遠に満たされないまま。逆に、数千円しかなくても、心から豊かさを感じている人なら、喜びで満ち溢れ、幸せのサイクルを作ることができます。

あまりにも有名な著書「7つの習慣」の中で、著者スティーブン・コヴィー博士は、こう書いています。

「子供の成長を助けるには、所有感を持たせると同時に、分かち合うことの大切さを教え、親がその模範を示すことが必要である。」

親はよく子供に「おもちゃをお友達に貸してあげなさい」と言いますが、子供は、まず自分のおもちゃで遊び尽くし、「これは自分のものだ」という「所有感」を実感すれば、言われなくても友達と分かち合うのだそうです。

私たち大人もそうですね。最初に自分を十分に満たせば、自然と周りに与える、与えたくなる。嬉しい気持ちは伝播して、拡大する。回り回って自分にも返ってくる。みんな嬉しい。だから、自分の喜びを最優先にして、絶対オッケーなんです!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly