Return to site

すっごくいい話を聞きました

お茶から教わった幸せの秘訣

大好きな逗子海岸のブックカフェ、umibe cafe 。

いつもはこだわりのコーヒーをいただくのですが、今回は緑茶をお願いしてみました。

メニューに ”鹿児島「すすむ屋」の上煎茶 おどろきの旨味”とあるとおり、かなり深みがあるものの、すっきり飲めて、程よく苦い、贅沢な一杯。

帰り際。ご主人に感想を述べつつ、どこでこのお茶を知ったのか聞いてみると、なんと、「お茶屋で修行をしてきた」とおっしゃるのです。

コーヒーの専門家、だと勝手に思っていたご主人が、「お茶の修行」を積んでいたことにまず驚き。

さらに、こんなことを教えていただきました。

「お茶は、普通70度くらいのお湯で、苦味が出すぎないようにするんですが、私が出会ったお茶のプロは、100度でお茶を煮出すんですよ。そんなに熱いと、渋みも苦味も出ちゃう。でも、”全て出し切った上で、どのくらい渋さと苦さを入れたらいいか考える”と彼らは言ってます。」

す、すごい!これ、お茶だけの話じゃないぞ。

「いいところだけを取ろうとするから、つまらない。そもそも、味にいいも悪いもないでしょ。人間が、甘みは”いい”、苦味は”悪い”って決めてるだけで。全部味わうから、面白いものをつくれるんです。」

おおお〜...深い、深いです。

私の好きなアーティストさんが、「作詞のときにネガティブな要素も入れるようにしている」と語っていた、そう言えば。

...とご主人に伝えると、「わかります」という表情でゆっくり頷いていました。

去年くらいから毎日のように考えていたこと。甘みも苦味も、嬉しさも悲しみも、光も闇も、全て受け入れて、味わって、自分のものにして、自己表現する。

人前で話すときや、ブログを書くときも、幸せな話だけじゃなく、ダメな自分も見せるようにしてきました。結果、お客さんや読者の方に「わかりやすかった」「親しみやすさを感じた」「自分のことかと思った」と言っていただけて、嬉しいんだけど、「本当にこれでいいのかな」とも思っていた。

でも、今日の緑茶の味と、ご主人のお話で、背中を押してもらえました。

よかった。嫌いな音は聞きたくない、と耳を塞いでいたら、美しい音色も聞き逃しちゃう。目も耳も思い切り開いて、地球の旅を満喫しようと思ってます。

↓コーヒー・お茶はもちろん、カレーやフィッシュプレートも絶品♪

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly