Return to site

「自分磨きジプシー」だった!

やりたいことから逃げる言い訳

自分磨きジプシー」だった頃があります。

それっぽい本を片っ端から読んで、研修や講座にもいろいろ顔を出しました。

学んでいると、時々、キラッと光る、自分だけに降ってきたようなメッセージが来るんです。「これだ!答えはこれだ!!」と、突き動かされるような情熱。

「明日から絶対変わろう」と決めて、いざ動こうとするたび、足を止めました。「ん、まだ準備できてないかも。もう1個セミナー受けてから。もう1冊本読んでから。」

数年が経ち、頭は知識でいっぱいに。だけど動いていないから、溜まったエネルギーでパンパンでした。

バランスを取りたくてヨガに向かいました。そこで、本10冊読んでもわからなかったことが、ヨガマット上の1時間でストーンとわかったりする。何回もありました。

実はヨガを始めることさえ怖かったんです。ヨガウェアが似合う体になってからじゃないとスタジオに行けないと思っていた!(笑)でも実際は私のヨガウェアなんて誰も見ていない!

クラスが始まったら、呼吸に集中することが気持ちよくて、すっかりハマりました。もう10年ほど続けています。ヨガには終わりがないんです。ヨガが「うまい」ヨガが「できる」のではなく、ヨガは生き方そのもの。これも知識ではなく、体でわかったこと。

心身が毎日、毎時間変わることを知りました。昨日楽にできたポーズが今日はきついこともあるし、その逆も。それでいい。私たちは直線ではなく螺旋を描いて成長するから...

そして、人生に完成はない。ここで終わり、はいよくできました、っていうゴールラインはありません。昔の私はそこを目指して、いつになったらゴールが見えるんだろう、って、走り続けていました。そして、ゴールを切るまで楽しんじゃいけないって思っていました。もっと修行しなくちゃ、磨かなくちゃって。

でも...完璧じゃなくても楽しめばいいじゃん!ワクワクすればいい!

ワクワクすることを追うと必ず「怖い」気持ちがついてきます。もれなくセットで^^その「怖い」を「もっと頑張らなきゃ」で蓋しない。次の「修行」を探さない。「怖い〜〜!」って叫びながら、ワクワクする方に「行く」。

もちろん、「自分磨き」が心底好きなら、どんどんやりましょう。でも、好きなことを先延ばしにする言い訳だとしたら...地球で与えられた時間がもったいない!

 

何より、本当に好きなことを追って満たされていると、今必要な学びや情報はピンポイントでわかるようになってきます。

幸せは常に「今」「あなたの中」にある。それを見ないで未来だけに目を向けていると、望む未来は永遠に来ません。

ただ、自分の中の幸せ感を引っ張り出して、手のひらに乗せてみるだけ。

あなたの描いている「ゴール」は、もう、そこにあるんです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly