Return to site

人生を自由に塗り替える方法

先日、個人セッションのお客様からこんな質問がありました。

「あまり気が進まない仕事を頼まれました。これも何かのメッセージでしょうか?」

その方のテーマが、「NOと言えるようになる」だったので、そのように捉えたのかもしれません。

何か起きたときに「これも何かの意味があるかも」と思う。でもそこにどんな意味をつけるかは、自分で選ぶことができます。もっと言ってしまえば「自分にとって都合のいい意味」をつけてもいいんです^^「自分にとって都合のいい意味」とはつまり、「自分が気分良くなる意味」です。

例えば数日前、気に入っていたハンカチを立て続けに2枚無くしました。ここで「もっと気をつけないと、そのうち財布落とすよ」という意味をつけるのもアリですが、私の場合はそれだと重くなる。本当に落としてしまいそう 笑

だからこっち。「随分使ったし、もう手放す時期だったね!」

そして、翌日なんとなく入ったお店に、竹で作ったバンブーコットンのハンカチが!フワッフワの優しい肌触り。何回も頬に当てちゃう^^

「自分が気分良くなる意味」をつけていると「気分良くなる出来事」を経験します。

前出のお客様だったら、「気が進まない仕事を頼まれた。もっと楽しい仕事が待っているっていうことだ!」と勝手に塗り替えてしまっていいんです。

起きることはすべて中立で意味はありません。そこに「どんな色をつけるか」で、明日、明後日、来月、来年が変わってくる。起きたことの意味を選べる。人間に与えられた素晴らしいギフトです。活用しなくちゃですね!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly